専門医がやさしく教える



お灸を添えてから体を温めること


ペットボトルを当てると、こんなにも効き目があるものなんですね。
ペットボトルを押し当て、「アチ」と感じたのが体を話して、あてるという感じ、動作を繰り返して、目安を当ててから3~5秒あてること。

これは、血流を活発にするためにも効果が期待できるそうです。

ペットボトルは、温灸で、複数のツボを組み合わせることで、高い効果が期待できます。

そこで大切なのが、温めるツボの順番です。
体の遠いところまで初めて、徐々に痛めること。

部分において近づけてから、先に痛む部分に当てること。
症状が起きにくくなるので、自分がどのようにしたら効果があるのかを考えてからおこなうようにしましょう。

[PR]
by xiubixhs | 2015-02-22 17:53
<< メンテナンスの心がけ「むくみ」 抜け毛を減らすためにフィナバルド >>


最新的なことを自分で生み出すこと
人気ジャンル
最新の記事
画像一覧